プラセンタとコラーゲンのサプリ

プラセンタのサプリメントの中には、コラーゲンも配合されている製品があります。
この2つを同時摂取することで、どのような効果が期待できるのか、説明していきましょう。

真皮の機能をアップさせるプラセンタ

真皮の線維芽細胞では、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった保湿力アップ成分が作られています。
若い頃の肌がみずみずしいのは、真皮の線維芽細胞の働きが活発で、保湿力アップ成分の生成が盛んなためです。
ところが、活性酸素の影響などで真皮が老化すると、線維芽細胞の働きも衰え、保湿力アップ成分の生成が減少します。
これによって肌がカサカサになると、シワができやすくなるのです。
プラセンタには特定の細胞を活性化させる成長因子という成分が含まれていますが、その中にはFGF(線維芽細胞増殖因子)と呼ばれるものがあります。
文字通り、真皮内の線維芽細胞の分裂を促す働きを持っています。
これによって保湿力アップ成分の生成量が増え、シワ対策が期待できるのです。

コラーゲンがプラセンタをサポート

ただ、実際にはそれだけでは不完全です。いくら細胞が活性化されても、肝心のコラーゲンの原料が足りなければ生成しようがないからです。
これをサポートしてくれるのがコラーゲンです。
コラーゲンはそのまま体内に吸収されるわけではなく、アミノ酸などに分解されたうえで吸収されます。
これを線維芽細胞でもう一度、コラーゲンに生成し直すのです。
つまり、コラーゲンの生成に必要な成分を摂取できるので、原料不足でFGFが「宝の持ち腐れ」になることがないのです。

FGFによって線維芽細胞を活性化するだけでなく、保湿力アップ成分の生成に必要な成分も摂取できるのが、プラセンタとコラーゲンのサプリなのです。
冬場など空気が乾燥しやすい時期には、肌が水分不足で荒れやすくなります。
プラセンタとコラーゲンのサプリを摂取すれば、両方の成分の相乗効果で肌の保湿力がアップし、肌荒れを防止できるかもしれませんね。

トップに戻る