プラセンタに含まれるアミノ酸

プラセンタにはいろいろな成分が含まれていますが、その中のひとつにアミノ酸があります。
このアミノ酸は、どのような働きをしているのかについて、説明していきましょう。

タンパク質を作るのに欠かせない

人間の体のほとんどは、水とタンパク質からなっています。
タンパク質は、いくつものアミノ酸が結合することによって生成されています。
筋肉や髪の元となるタンパク質は、人間の体内でアミノ酸を組み合わせて作られているのです。
ちなみにアミノ酸は全部で20種類であり、うち9種類が必須アミノ酸、11種類は非必須アミノ酸といわれています。

プラセンタには、この20種類のアミノ酸すべてが含まれています。
プラセンタを摂取していれば、人間の体を作るすべての種類のタンパク質が生成可能だということになります。

プラセンタのアミノ酸のメリット

プラセンタのアミノ酸は単体で含まれているため、体に吸収されやすいというメリットがあります。
アミノ酸の摂取は多くの場合、まずタンパク質をペプチドに分解し、さらにアミノ酸に分解したうえで吸収しています。
このとき、すべてのタンパク質が分解できるわけではありません。
分解がうまくいかず、体内に吸収されずに排出されるものもあります。
ところが、プラセンタのアミノ酸は最初から分解されているので、吸収される可能性がタンパク質由来のものよりも高くなるのです。

また、9種類の必須アミノ酸のすべてが含まれているのもメリットでしょう。
人間の体内ではアミノ酸も生成されているのですが、可能なのは11種類の非必須アミノ酸だけで、必須アミノ酸は体外から摂取するしかありません。
タンパク質の多い食べ物にこの9種類すべてが含まれているわけではないので、これは大きなメリットと言っていいでしょう。

アミノ酸は体を作るのに欠かせません。プラセンタはそのすべての種類が単体で含まれており、サプリメントを摂取すればアミノ酸を効率良く摂取することができるのです。

トップに戻る