プラセンタの化粧品

最近の化粧品の中には、プラセンタエキスが配合されているものもあります。
プラセンタ化粧品は肌にどのような効果をもたらしてくれるのか、説明していきましょう。

表皮のバリア機能を高めるHGF

プラセンタには特定の細胞を活性化させる成長因子という成分が含まれていますが、その中にひとつにEGF(上皮細胞増殖因子)と呼ばれるものがあります。
表皮の機能を高めてくれる効果があります。
表皮の角質層にはバリア機能があり、肌の水分蒸発を防いでいます。
EGFは肌のターンオーバーを活発にし、バリア機能の低下を抑えます。
これによって水分蒸発を防ぎ、乾燥による肌荒れを防止します。

真皮の機能低下を防ぐFGF

プラセンタに含まれている成長因子の中には、FGF(線維芽細胞増殖因子)と呼ばれるものもあります。
これは真皮内の線維芽細胞を活性化させるものです。
線維芽細胞は、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった保湿力アップ成分を生成しています。
線維芽細胞の機能が衰えるとこうした成分の生成量が減少し、肌が乾燥したり、張りが失われてたるみの原因になったりしてしまいます。
FGFによって線維芽細胞の機能低下を防止できれば、肌荒れやたるみの防止につながってくれます。

活性酸素の働きを抑える

線維芽細胞の機能を低下させる原因のひとつは、活性酸素です。
活性酸素は病原菌を退治して免疫力をアップさせてくれますが、増えすぎると線維芽細胞をはじめとする細胞を傷つけ、機能を低下させてしまうことも分かっているのです。
プラセンタには活性ペプチドやビタミンC、Eといった活性酸素の働きを抑える成分も含まれています。
これによって線維芽細胞の機能低下を抑え、皮膚が張りを失うのを防止できるのです。

プラセンタ配合の化粧品は、肌に塗布することによって上記の3つの働きが期待できるのです。
最近肌が荒れてきたり、張りがなくなってきたと思ったら、プラセンタ配合化粧品の効果に期待してみてもいいのではないでしょうか。

トップに戻る