プラセンタの血行促進効果

血行悪化は冷え性や薄毛など、体に良くない影響を与えてしまいます。
プラセンタには、この血行を促進してくれる効果のある成分が含まれているのです。

血行悪化の原因は?

血行が悪化してしまう原因としては、主に次のようなものが考えられます。

1.血管の状態悪化
動脈硬化や糖尿病などによって血管内皮の状態が悪化し、血液の通り道が狭くなると、十分な量の血液が通れなくなってしまいます。
これが血行の悪化につながるというわけです。

2.ストレス
ストレスを恒常的に受けている状態だと、自律神経のうち交感神経が常に活発な状態になっています。
交感神経には末梢血管を収縮させる働きがありますので、血行悪化の原因となります。

3.血液ドロドロ
悪玉コレステロールが多く含まれているなど、血液がドロドロになり、うまく流れなくなります。
これも血流の悪化につながります。

プラセンタの効果は?

では、プラセンタはこれらの原因に対して、どのような効果を発揮しているのでしょうか。

1.血管の状態改善
プラセンタにはいろいろな成長因子が含まれていますが、FGF(線維芽細胞増殖因子)には血管内皮の細胞を活性化し、修復を助けてくれる働きがあります。
血管内皮が修復されれば通り道が広くなり、血行が改善されるというわけです。

2.ストレス緩和
プラセンタの成長因子にはNGF(神経成長因子)もあります。NGFは神経を成長させるもので、自律神経のバランスを整える効果につながります。
これによって、もうひとつの自律神経・副交感神経の働きを強くし、末梢血管を広げて血行を促進させます。

3.血液サラサラ効果
プラセンタには成長因子だけでなく、アミノ酸やビタミンなどさまざまな栄養素が含まれています。
ビタミンEには血液をサラサラにしてくれる働きがあり、血行促進につながりそうです。

プラセンタは、これらの複合的な働きによって血行良化効果を発揮しているのです。
最近体が冷えるなと思ったら、血行が悪化している可能性がありますので、プラセンタを摂取してみましょう。

トップに戻る