たるみが気になったらプラセンタ

肌がたるんでゴルゴ線などができてしまい、気になっている人も多いのではないでしょうか。
プラセンタには、そんな肌のたるみに効果のある成分が含まれているのです。

肌のたるみの原因は?

肌がたるんでしまう原因のひとつは、真皮の線維芽細胞の機能低下です。
線維芽細胞ではコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が生成されています。
これらの成分は肌の保湿力をアップさせるなどの効果があり、肌に張りを与えてたるみを防いでいます。
ところが、加齢や紫外線、活性酸素の影響などによって線維芽細胞の機能が低下すると、コラーゲンなどの生成量が低下してしまいます。
これによって肌の張りが失われ、たるみにつながるのです。
また、線維芽細胞の働きがちゃんとしていても、コラーゲンなどの生成に必要な栄養素が不足していると生成量が減少し、これもたるみの原因となってしまいます。

プラセンタによるたるみ対策

プラセンタには、これらの原因に対応できる成分が多く含まれているのです。
まず、プラセンタにはFGF(線維芽細胞増殖因子)という成長因子の一種が含まれています。
これは上記の線維芽細胞の分裂を助けてくれるものです。
これによってコラーゲンなどの生成量の減少を防ぎ、肌から張りが失われるのを防ぎます。
プラセンタに含まれる活性ペプチドやビタミンC、Eには抗酸化作用があります。
線維芽細胞にダメージを与える活性酸素の働きを抑えるもので、コラーゲンの生成量低下防止につながります。
また、プラセンタにはタンパク質やアミノ酸、ビタミンCなどコラーゲンなどの生成に必要な栄養素も含まれています。
特にアミノ酸はタンパク質に比べて吸収率が高いので、生成量アップに役立ってくれるでしょう。

線維芽細胞の機能低下と栄養不足という、2つのたるみの原因に対応しているのがプラセンタなのです。
肌のたるみが気になってきたら、サプリメントを摂取したり、配合化粧品を使用してみたりするのがおすすめです。

トップに戻る