プラセンタの原料は?

プラセンタが健康に良いことは知っていても、原料についてはちゃんと把握していない人もいるかもしれませんね。
プラセンタの原料は何なのか、説明していきましょう。

プラセンタの原料は胎盤

結論から書くと、プラセンタの原料は動物の胎盤です。
哺乳類は基本的に赤ちゃんを母親の子宮の中で育てますが、母親は胎盤を通じて赤ちゃんに酸素や栄養を送っているのです。
赤ちゃんにとっては「命綱」と言ってもいいでしょう。
ただ、赤ちゃんを産んだあとは胎盤が不要になるため、体外に排出されてしまいます。
プラセンタはこの体外に排出された胎盤由来の成分なのです。
赤ちゃんを成長させるためにはさまざまな栄養分に加えて、細胞分裂を活発にさせる成分である「成長因子」も必要です。
プラセンタにはこの成長因子が含まれており、これが新陳代謝や免疫力アップにつながっているのです。 ちなみに植物性のプラセンタは種子の周辺にある「胎座」という部位から抽出されています。植物にも種子を育てるための胎盤に相当する部位があるというわけです。

どのような動物から採取されるの?

プラセンタは人からも採取されますが、医療現場でしか使用されていません。
市場に流通しているのは豚、馬、植物性のものが多くなっています。
豚プラセンタは豚が多産系で胎盤が入手しやすいため、コストが安いというメリットがあります。
ただ、体温が低いので寄生虫が繁殖しやすく、抗生物質の影響など安全性に不安があります。

馬プラセンタは、馬の体温が高いので寄生虫が繁殖しにくく、安全性が高いというメリットがあります。
半面、1年に1頭しか子供を産まないので原料となる胎盤が入手しにくく、コストが高くなってしまうのがデメリットです。

植物性プラセンタは安全性が高い半面、成長因子が含まれていないという問題点があります。

これ以外にも羊由来のプラセンタもあります。
羊の免疫力が高く安全性に優れているため、海外ではメジャーなのですが、日本ではBSE(狂牛病)の影響などで入手が難しくなっています。

トップに戻る