乾燥肌対策にプラセンタ!

乾燥肌の人にとっては、冬場など湿度の低い時期は肌が荒れてしまったり、アカギレになったりしてつらい思いをしているでしょう。
そのつらさを多少なりとも和らげてくれるのが、プラセンタなのです。

肌の乾燥の原因は?

乾燥肌の原因は、角質層の保水力低下と、コラーゲンをはじめとする保水力アップ成分の不足です。
表皮の一番外側にある角質層はバリア機能を持っており、皮膚から水分が蒸発するのを防いでくれます。
ところが、加齢や睡眠不足などによって肌のターンオーバーがうまくいかなくなると、角質層のバリア機能が低下します。
これによって皮膚内部の水分が蒸発しやすくなり、乾燥肌の原因となります。
また、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンといった保湿力アップ成分は、真皮内の線維芽細胞で作られています。
加齢などによって真皮の機能が低下すると、保水力アップ成分の生成量が減少し、肌の保水力がダウンしてしまいます。
これも乾燥肌につながります。

成長因子で乾燥肌対策!

プラセンタには、特定の細胞を活性化させる働きを持つ成長因子という成分が含まれています。
この成長因子の中には、EGF(上皮細胞増殖因子)やFGF(線維芽細胞増殖因子)のように、乾燥肌対策に役立つものがあるのです。
EGFは表皮の細胞分裂を促し、ターンオーバーをスムーズにしてくれる働きがあります。
これによって角質層がリフレッシュされてバリア機能がアップし、皮膚内部の水分が蒸発しにくくなります。
また、FGFによって真皮の細胞を活性化させることで、コラーゲンをはじめとする保水力アップ成分の生成が促進されます。
これが肌そのものの保水力アップにつながってくれるのです。

EGFによってバリア機能を強化し、FGFによって肌そのものの保水力を高めることで、乾燥肌対策をしてくれるのがプラセンタなのです。
冬場の肌の乾燥で悩んでいる人は、プラセンタを摂取したり、プラセンタ配合の化粧品を使用してみたりするのはいかがでしょうか。

トップに戻る