羊のプラセンタ

プラセンタのサプリメントといえば、日本で流通しているものの大半は豚や馬由来のものです。
実は羊由来のものもあり、購入も可能ですが、なぜ日本ではメジャーではないのでしょうか。

親和性と安全性の高い羊プラセンタ

実は羊プラセンタは、効果そのものは高いのです。

まず、含まれているアミノ酸の組成が人間に似ています。
プラセンタといえば成長因子ばかりがクローズアップされがちですが、成長因子が十分な力を発揮するためには細胞の元となるアミノ酸が欠かせません。
このアミノ酸の組成が人間に似ているということは、成長因子が力を発揮しやすい環境だということを意味しています。

また、羊は免疫力が高いというのもポイントです。
これは、生育する際に抗生物質の投与が必要でないことを意味しています。
例えば豚の場合、病気や寄生虫を防ぐために抗生物質が恒常的に投与されているケースがあり、プラセンタの品質面での不安につながっています。
羊プラセンタにはこの問題がないのもメリットと言っていいでしょう。

日本でメジャーでない理由は?

では、なぜ羊プラセンタは日本ではメジャーではないのでしょうか。
それは、国内での製造が禁止されているからです。
羊にはスクレイピーという、脳細胞にダメージを与える病気があります。
牛のBSE(狂牛病)に似たものだと考えればいいですが、現時点では人間への感染は認められていません。
ところが、BSEが牛肉を通じて人間に感染する可能性があることが判明したため、牛プラセンタの国内製造が禁止されました。
このときに、同じウシ目である羊のプラセンタも製造禁止になったのです。
上述のようにスクレイピーは人間への感染が認められていませんが、やむを得ない対応だと言えます。
ただ、羊プラセンタの輸入品の販売までは禁止されていません。
国内で購入が可能なのはこのためですが、国内生産が可能な豚や馬のプラセンタと比較するとどうしても流通量が少なくなります。
羊プラセンタが国内でメジャーでないのは、このためです。

トップに戻る