SPF豚のプラセンタ

豚ブラセンタは市場に多く出回っているメジャーな製品ですが、安全性に不安があるなどのデメリットもあります。
最近になってSPF豚由来のプラセンタも出回るようになりましたが、一般的な豚プラセンタとはどのような違いがあるのでしょうか。

豚プラセンタのメリットとデメリット

なぜ豚プラセンタが市場に多く出回っているのかというと、原料コストの安さと人間との親和性の高さという2つのメリットがあるためです。

豚は年に2回、10頭前後の子供を産みます。
年に1頭しか子供を産まない馬などと比べると、プラセンタの原料である胎盤の入手が容易です。
それだけ製造コストが安くなり、流通しやすくなるのです。

また、豚は人間とよく似た遺伝子を持っています。
人間にとって最も効果が高いのは人間のプラセンタですが、医療現場以外では使用されていないので、人間と親和性の高い豚のプラセンタが多く流通するようになっているのです。

デメリットは、豚は体温が低く、体質的に病原菌や寄生虫に弱いことです。
豚の健康を損ねないために抗生物質が恒常的に投与されることもありますが、これが胎盤に影響を与えないわけがありません。
これが豚ブラセンタの安全性の不安につながっているのです。

安全性の高いSPF豚

これに対してSPF豚は、トキソプラズマ感染症など特定の病原菌に感染していないことが保証されています。
病気を防ぐために薬が使われることはありますが、抗生物質を恒常的に投与されているようなことはありませんので、胎盤への影響も抑えられています。
また、出産に当たっては帝王切開を行うなど、衛生面でも厳格な管理が行われています。
さすがに生食はできるレベルではありませんが、SPF豚は一般的な豚肉に比べて安全性が高いのです。
SPF豚のプラセンタは、上記の豚プラセンタの問題をある程度、クリアしていると言えるでしょう。
もともと豚プラセンタは人間との親和性が高いので、安全性の不安から摂取を控えていた人にとっては、おすすめの製品と言って良さそうですね。

トップに戻る