健康を助ける食べ物

プラセンタの信頼度=安全性である

プラセンタの原料は胎盤です。
そこでためらう人も多いようですが、そもそも胎盤を食べないのは人間だけであり、自然界においては子供を産んだ後に胎盤を食べて、子育てするエネルギーに変えてきたほどです。
今でも人間は出産後に食べることはありませんが、その胎盤がプラセンタとなり、他の人の健康や美容を助けています。
今では馬や豚、羊の胎盤もいただき、プラセンタとして使用しています。

しかし安全であるかは食物と同じくらいにメーカーによって変わると言ってもいいでしょう。
ヒト由来のプラセンタの信用性が高いのは、人間の胎盤というもっとも安全なものを使っているうえに、注射という手段でしか使用が許可されていないからです。
注射を打つには医師の許可がなければ絶対に不可能です。
つまり医師の指導の元にヒト由来のプラセンタは使用できます。

それでは他の動物性プラセンタはどうなのかといいますと、その原料となる胎盤が取れる環境から注目しなければなりません。
馬プラセンタが高級なのは1頭しか生まないから胎盤の栄養成分が高いということも勿論ありますが、サラブレットなどの胎盤が使用されていることも大きな理由です。
サラブレットは様々な理由からとても大切に飼育され、その胎盤の安全性も高いのです。

よい胎盤をきちんとした製法でプラセンタがエキスにする工程をもっている会社のプラセンタほどに信用でき、安全性が高いのです。
最近はホームページなどでどのように飼育されているものの胎盤を使っているのか、その行程はどのようになっているのかなどということがきちんと記載されています。
むしろ記載されていないプラセンタの信用度は落ちてしまい、安全性にも疑問をいだきます。

プラセンタの分量なども明記されているものを選び、プラセンタという言葉と価格だけで選ばないでください。
サプリメントはある意味では食物と同じです。
原材料の価値を知って、安全性の高いものを飲むようにしましょう。
こちらにプラセンタを摂るメリットや比較ランキングがありますのでご覧ください。

Menu