プラセンタの美容注射は結構マイナーになりつつある

プラセンタでの美容注射は保険適応外です。
しかも毎日とは言わずとも適度な回数を打たなければならないということから、美容目的で打つ人は減ってきているといってもいいでしょう。
なんといってもプラセンタにおいても最近ではサプリメントが主流になっているようです。
サプリメントは毎日飲めて、病院に通う必要がないからであり、気軽さと値段からそちらに移行しつつあると言ってもいいでしょう。
プラセンタサプリの選び方についてはこちらをご覧ください。

勿論、プラセンタ注射の方が効果があるという常連のような患者さんもいるようですが、健康のために打つ人の割合いが増えているようです。
そしてなによりも大切なことはプラセンタ注射は「注射器」を使用するので医者免許が必要なものになるということです。
つまり気軽に美容のための機関で打てるようなものではないのです。
そのことを念頭において信用できる美容外科を探すことも大切です。

またプラセンタ注射をすると献血が出来なくなるからやらなくなったという人がいますが、そのことに関しては間違いであることを保証いたします。
確かに厚生労働省からはプラセンタ注射をした経験がある人はなるべく献血を控えてほしいと言う通達は出ているようですが、献血が禁止されているわけではありません。
これもプラセンタ注射が胎盤を使った注射であるということが大きいといえるでしょう。
人間の胎盤も使うことが出来るのはプラセンタの中でも注射だけです。
プラセンタ注射の費用はこちらでご確認ください。

サプリメントに使われているのは、馬、豚、羊といった動物のみですので、念のための措置として通達をされているようです。
しかし人間の胎盤のプラセンタ注射は本当にきちんとした限られた病院のみにしかございません。
プラセンタ注射がどのようなものか、よく病院で確認しましょう。
どちらかといえば「にんにく注射」の方が聞き覚えがあるようで、疲労回復効果で「にんにく注射」を、美容回復に「プラセンタ注射」というような区別がされていましたが、プラセンタ注射は健康にも効果があり、しみやしわに効果があるとされています。

プラセンタ注射のリスクとデメリットもご覧ください。
この他にもプラセンタとインフルエンザの関係も気になるところです。

トップに戻る