豚プラセンタは国も認めている成分

人、馬、豚、羊などの胎盤がプラセンタの主流として使われていますが、人は注射のみ、馬は高価、羊は希少、という意味では豚の胎盤であるプラセンタがお手軽で使いやすいプラセンタとなっています。
しかし豚のプラセンタといってもきちんとした豚を使ったプラセンタでなければいけません。
胎盤を元にしているだけあってその点は重要です。
牛のプラセンタについてはこちらをご覧ください。

豚プラセンタで信用されているのは、日本産においては日本SPF豚協会認定の契約農場のSPF豚の新鮮な胎盤のみを原料として使用しています。
それらの豚の飼料はSPF豚専用のものだけが使われており、すべての健康診断結果や薬剤使用量などを協会に報告する義務があり、農場への厳しい立ち入り禁止や、すべての従業員は作業前にシャワーを浴びてから専用の作業服をきて、作業を行なわなければならないという厳しい管理の元に飼育された豚だけが認められています。
逆をいえばそこまでこだわった豚ではないと安心できないと言えるのかもしれません。

また他にはデンマーク産の豚は日本の豚よりも高い評価を受けており、プラセンタとして使われています。
デンマークの豚でプラセンタに使われるものはトレーサビリティー(生産地証明制度)をクリアした豚ばかりです。
勿論、デンマーク産=トレーサビリティーと結びつけるのではなく、しっかりと確認して選びましょう。

ちなみにトレーサビリティーとはその豚が何を食べて育ったか、誰が育てたのか、健康な豚の血統かなどを調べることができ、デンマーク独自の安全基準によって、さらに登録と生産地証明、豚の健康に対しての報告、運ぶトラックの洗浄と殺菌の義務、抗生物質の使用禁止などといったことが保証されている豚の胎盤のみが、日本においてプラセンタエキスになるといってもよいのです。
豚のプラセンタはある意味ではとてもメジャーで手に入りやすく有名です。
だからこそしっかりとした安全な豚の胎盤を使ったプラセンタを選ぶようにしましょう。
プラセンタの安全性はこちらもご覧ください。
また、プラセンタ100・リフティアEG-プラセンタなどの製品について詳しくかいてあるサイトがありますのでご覧ください。

トップに戻る