プラセンタのバストアップ効果

最近ではプラセンタが配合されたバストアップクリームが販売されるなど、プラセンタの豊胸効果が注目されています。
プラセンタはどのような形で、バストアップ効果を発揮しているのでしょうか。

バストを成長させる女性ホルモン

女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類がありますが、どちらもバストアップ効果を持っています。
思春期は卵胞ホルモンの分泌量増加に伴ってバストが成長していきますし、妊娠中は黄体ホルモンの分泌量増加でバストが大きくなるのです。
逆に言えば、バストの成長が思わしくないのは、ホルモンバランスに問題があるからと考えていいでしょう。
バストアップのためには、ホルモンバランスを整える必要があるのです。

プラセンタがホルモンバランスを整える

プラセンタには、ホルモンバランスを整える働きがあります。
体内の女性ホルモンが足りないときには卵巣に分泌を促し、過剰なときには卵巣の機能を抑制するのです。
これによってバストの成長力アップが期待できるのです。
また、プラセンタには特定の細胞の分裂を促す成長因子という成分が含まれています。
この中には、バストの細胞分裂を促すものもあります。
つまり、女性ホルモンとの相乗効果が期待できるのです。

他のサプリと併用すると効果的

ただ、プラセンタは女性ホルモンそのものを増やすわけではありませんので、バストアップ効果は必ずしも大きいものではありません。
より大きな効果を出すためには、他のサプリメントと併用することがおすすめです。
プエラリアは卵胞ホルモンに似た働きを持っていますし、ワイルドヤムやチェストベリーは黄体ホルモンの働きを助けてくれます。
上述のように、どちらのホルモンもバストアップ効果がありますが、ホルモンバランスを崩してしまう可能性もあります。
ここで、プラセンタのホルモンバランス調整機能が生きてくるというわけです。

プラセンタのバストアップ効果は、どちらかという補助的なものです。
他のサプリと併用することで、真価を発揮できるといえるでしょう。

トップに戻る