健康を助ける食べ物

プラセンタが高濃度なら何でも良いという訳ではありません

プラセンタエキスに濃度の高い低いという基準はありません。
高濃度プラセンタはいいものではないのかというのは、思い込みです。
なぜならばエキスに決まった濃度はないそうです。

濃くても薄くてもプラセンタエキスというくくりに変わりはないそうです。
高濃度とは書いてあっても実際は濃度の表示義務も基準もないそうです。
実際にその濃度の差が分かるのがドリンクタイプのエキスであるそうです。
プラセンタドリンクの売れ筋人気ランキングはこちらです。

ドリンクタイプといえば実際には注射の次に効果があるとされがちですが、実際は飲みやすくするために様々な工夫がなされています。
それだけ薄くなっているのがドリンクタイプであると言われています。
実際に濃い濃度のプラセンタをドリンクで飲むのは味が独特すぎてかなり難しいとされており、そのために様々な他の成分を配合して飲みやすくしているとされているのです。
つまり書かれているほどに濃度が高いわけではありません。

またそれぞれのプラセンタエキスを胎盤を酵素分解してアミノ酸などの有効成分を取り出す時に、その過程で混ぜる水分が多くなると薄い濃度のプラセンタができあがるように、製造過程においてもかなり変わってしまいます。
一般的に馬プラセンタはアミノ酸が多量に含まれていて、いいものであるとされていますが、その含有量によって価値は大きく異なってしまうといってもいいでしょう。
含有量が分からない場合であり、あまり表記されていないものはプラセンタだけのアミノ酸ではない場合があります。
極端な話をすればプラセンタを少しでも含んでいれば配合ドリンクになってしまうのです。

他の成分にアミノ酸などを入れたとしても問題なく扱われてしまいます。
含有量が明記されていないものはお勧めではありません。
プラセンタは動物性のためかサプリメントタイプにしないと飲みにくいという一面があります。
他にもプラセンタ配合の化粧水もあります。
そういった点も考えて選んでみてはいかがでしょうか。

プラセンタはダイエットにもアンチエイジングにも効果があるので、是非継続してみましょう。

Menu