冷え性改善にプラセンタが効果?

冬場だけではなく、夏場でも手が冷たくなってしまうような冷え性の悩みを抱えている人は、意外と多いのではないでしょうか。
そんな症状の改善に役立ちそうなのが、プラセンタなのです。

冷え性の主な原因は?

冷え性の主な原因としては、次の3つが考えられます。

1.血行悪化
血行が悪化すると、細胞が活動するための栄養分が十分に供給されず、エネルギーの生成量が減少します。
これによって体温が低下し、体が冷えてしまう原因となるのです。

2.自律神経の乱れ
自律神経は血行をコントロールしています。
恒常的なストレスによって自律神経のバランスが乱れると、血行が悪化して冷え性の原因となります。

3.筋肉量の低下
体温をアップさせるのは筋肉の働きによるものです。
過剰なダイエットなどによって筋肉量が低下すると、気温が低下しても体温が上がりにくくなります。

4.更年期障害
加齢に伴う卵巣や睾丸の機能低下により、体内のホルモンバランスが崩れてしまうのが更年期障害です。
更年期障害の症状のひとつに、血行悪化に伴う冷え性があります。

なぜプラセンタが効果的なの?

プラセンタが冷え性に効果的なのは、こうした原因すべてに対処できるためです。

1.血行促進
プラセンタには、血管内皮を整えて血行を促進させるFGF(線維芽細胞増殖因子)という成長因子や、ビタミンEをはじめとする血行促進効果のある成分が含まれています。

2.自律神経を整える
プラセンタに含まれているNGF(神経成長因子)は、神経の成長を促す働きを持っています。
これによって自律神経のバランスを整え、血行を促進させます。

3.筋肉量アップ
プラセンタには必須アミノ酸9種類を含む、全アミノ酸20種類が含まれています。
アミノ酸の摂取量が増えれば筋肉量が増えやすくなりますが、筋肉をつけるためのトレーニングも必要になります。

4.ホルモンバランスを整える
更年期障害の治療にプラセンタ注射が効果的なことが分かっているように、プラセンタには体内のホルモンバランスを整え、更年期障害からくる冷え性を緩和する働きがあります。

冷え性にこれだけの効果を持っているのがプラセンタです。
悩めるあなたにぴったりですね。

トップに戻る