プラセンタはシミにいい?

紫外線の浴び過ぎや、肌の老化などによって起きるシミは「美白の敵」で、原因となるメラニン色素は必要以上に悪者扱いされている嫌いがあります。
そんなシミの防止や改善に役立ってくれそうなのが、プラセンタなのです。

シミのできるメカニズム

シミの発生には、活性酸素が関係しています。
紫外線を浴びるなど、肌が刺激を受けると活性酸素が発生します。
活性酸素は免疫力を高める一方で、正常な細胞にダメージを与えます。
このダメージを抑えるために生成されるのがメラニン色素で、本来は体にとって欠かせないものなのです。
メラニン色素は、ターンオーバーによって肌から排出されます。
ところが、活性酸素が増えすぎてメラニン色素が生成過剰になったり、新陳代謝の低下でターンオーバーがうまくいかなくなったりすると、メラニン色素の排出が間に合わず、肌に沈着してしまいます。
これがシミのできるメカニズムです。

プラセンタのシミ改善効果

プラセンタは、2つの働きでシミの防止や改善に役立っています。

まず、活性酸素の働きを抑える抗酸化物質が3つも含まれています。
具体的には活性ペプチド、ビタミンC、Eです。
これらによって活性酸素を抑えられれば、メラニン色素の生成量が減ることになり、シミになりにくくなるのです。

では、実際にできてしまったシミはどうすればいいのでしょうか。
シミ改善のためには、ターンオーバーを活発にすることによって、メラニン色素の排出を促すことが必要です。
プラセンタに含まれている成長因子のひとつ、EGF(上皮細胞増殖因子)は表皮の細胞分裂を促す働きがあり、ターンオーバーを活発にしてくれます。
これがメラニン色素の排出を促すことにつながり、シミの改善につながってくれるのです。

メラニン色素の生成を抑えると同時に排出を促すことで、シミの予防や改善に役立ってくれるのがプラセンタなのです。
美白のためにサプリメントや配合化粧品を試してみるのもいいかもしれませんね。

トップに戻る