馬のプラセンタ

プラセンタは豚や植物由来などさまざまな製品が出回っていますが、馬由来のプラセンタも販売されています。
馬プラセンタには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

馬プラセンタのメリットは?

馬プラセンタのメリットは、市場に多く出回っている豚に比べると、安全性が高いのがメリットです。
豚は比較的体温が低いので、病原菌や寄生虫が繁殖しやすいという問題点があります。
この問題点を解決するために抗生物質を恒常的に投与されているケースがありますが、これが胎盤に影響を与えないわけがありませんので、安全性の不安につながってくるのです。

馬は豚と比べると体温が高いので、病原菌や寄生虫が繁殖しにくくなっています。
豚肉は生で食べられませんが、馬肉は生食が可能なのはこのためです。
必然的にプラセンタの安全性も高くなります。
特にサラブレッドは売却価格が高いこともあり、生育に当たっては厳格に管理されており、プラセンタの安全性もより高いとされています。

馬プラセンタのデメリットは?

馬プラセンタのデメリットは、そのコストの高さです。
これは、プラセンタの原料である胎盤が入手しにくいという事情が関係しています。
豚は年に2回妊娠し、それぞれ10頭前後の赤ちゃんを産みます。
また、飼育している農家もそれなりに多いので、それだけ多くの胎盤が入手できます。

これに対して、馬は年1頭しか赤ちゃんを産みません。
飼育している農家の数も、豚と比べると少なくなります。
このため、入手できる胎盤の数もそれだけ少なくなり、原材料が高くなってしまうのです。

また、豚は人間と遺伝子が似ているため、プラセンタの親和性が高いというメリットがあります。
馬は豚ほど人間に似た遺伝子を持っていないため、豚ほど親和性が高くないのもデメリットといえそうです。

馬プラセンタは豚プラセンタよりも安全性は高いですが、原料の入手が難しいためコストが高くなるというデメリットがあります。
製品の価格が高くなっても安全性を重視したいという人にオススメの製品だと言えます。

トップに戻る